ギフト

引き出物を贈るポイントを押さえておこう!

父親の喜ぶ顔

家族

世界には様々な祝祭日があり、国によっても宗教によってもお祝いの内容もそれぞれ異なりますが、多くの国で感謝を伝え、プレゼントを贈る日となっているのは父の日、母の日です。宗教や国家的な事に関わらずやはり身近な両親に感謝を伝える日という習慣があるのは、それだけ家族に対しての愛は世界共通という事です。

もっと読む

大切な人にギフトを贈る

レディ

ここでは、女性の誕生日プレゼントの選び方についてご紹介しています。プレゼントに悩む方も多くいますが、相手の女性が喜ぶような商品を選んでみましょう。そうすることで、プレゼント選びに失敗することはなく、喜んでもらうことができます。

もっと読む

相手の立場にたって

プレゼント

選べるギフト

結婚式の引き出物は、もらった相手の事を考えて選んで行きます。呼ぶ人も老若男女、色々な人がいるので、どんなものがいいのか悩むところです。どの年代の人にも喜んでもらえるものを探すのは結構大変な作業になってきます。最近の引き出物の傾向としては、カタログを送るの多くなっています。一定額の値段のカタログを入れておくことで、もらった人がその中から好きな物を選んで、頼むシステムになっています。個々にほしいものは違ってくるので、金額設定だけは同じにしておいて、あとは、本人が選ぶというシステムになっています。今の挙式ではこのスタイルに人気が集まっています。送る側の手間も省けて、もらった人も好きな物を選ぶ事が出来ます。

カタログでない場合

カタログを送る引き出物が人気ではあるのですが、後から自分で決めるのは少し面倒という人もいます。そうなると、本来の引き出物として全員分を考える必要が出てきます。一般的には、お祝いのお菓子が入っていて、メインの商品が入っています。ここに飲み物や結婚した人達の、実家の名産品などを入れる人もいます。お菓子は、日持ちのするもので、だれでも好きそうな物を選びます。メインの商品は、食器になることが多いです。いつでも気軽に使える、使い勝手のいい商品にしておくと重宝がられます。和洋折衷のような食器にしておくと、若い人も年配の人も使い勝手がよくなります。箪笥の奥にしまっておかれる商品ではなくて、日常から使える商品にします。

お祝いの気持ちを花で送る

フラワー

わからないことは、お花屋さんに聞いたら教えてくれます。オープン前から一週間前にオーダーすれば普通のサイズのものであれば間に合います。開店祝いはオープンの日もしくは、前日に届くよう手配しましょう。直前になってバタバタしないようスケジュール管理をしておくと余裕を持ってオーダーできます。

もっと読む